バレエに対する失礼な認識から、大発見への驚き

◆畑本 愛

 

私は30歳越えてからヒープに通い出しました。
ヒープに通い出したきっかけと、続ける理由について。

 

そもそも、私は「子供の頃からバレエに憧れていた」
ようなタイプではありませんでした。

 

バレエに対しては「お金持ちのお嬢様が、
お嬢様度を上げるためにする習い事」などと大変失礼な認識をしていた程です。

 

そんな認識は、友人に誘われて
「ちょっとひやかし」程度に参加した
ヒープの体験レッスンによってがらりと変わる事に。

 

体験当日のレッスン自体は、
大きな動きや心臓バクバクになることはなく、
優雅な音楽でゆったり動き、
「お嬢様体験しちゃった!」
くらいにしか思いませんでした。

が!

翌朝襲った、全身の筋肉痛!!
足だけ、肩だけ等の部分的なものではなく、
見事に全身筋肉痛になったのです。

 

当時、産後の運動不足解消の為にジムに通って
筋トレをしていたにもかかわらず、です!

 

単純な私は
「バレエって、筋トレよりも全身を鍛えられそう!」
となり、
ジムをやめてヒープの扉をたたく事となりました。

通い出してしばらくしてから、
姿勢がよくなった、歩き方が変わった、等
周りからうれしい言葉をいただいたり、
子供の頃から「べた足」だったのに「土踏まず」が出来て驚いたりと、
見える形の結果がでてきてヤル気もアップ、
どんどんレッスンが楽しくなりました。

 

綺麗なスタジオの非日常的雰囲気も、気にいっています。

 

子育て真っ只中、
な雑然とした我が家から抜け出して、優雅な空間に浸る事ができる幸せ!

 

最近パワースポットなるものがブームのようですが、
私にとってはヒープのスタジオがまさにそれ、です。

 

さて、筋トレ、などと単純な動機でバレエを始めた私ですが、現在もヒープを続ける一番の理由は、
インストラクターの皆様の人柄にあります。

 

「なれる可能性があるから、なりたいと思う。
なりたいと思ったものには、なれる」

 

「なりたい自分を思い描いて、
その未来の自分だったらどう行動するかを考えて、
生き方を選んで行けば、きっとなりたかった自分に辿りつける」

 

「出来ない、と思い込んだ時点で、
出来ない事を証明する為の行動をはじめる」等々の、教えてくださる言葉は、深く胸に響き、
自分の生き方について改めて考える事が多くなりました。

30歳過ぎても、子供がいても、
自分の夢を持って、自分の未来を切り開いて行くパワーを
ヒープの皆様からいただいています。

バレエを通して体と心を作りあげていく、
そんなヒープに、まだまだお世話になりたいと思います。

なりたい自分に辿りつく日を目指して!