センスに磨きをかけて極上のライフスタイルを実現


 芸術的センスが高まる自分の磨き方


「センスの良い人」は、
センス(感覚)が良いのだから、
何をやっても上手くいきます。


センスは「感覚」。
だから練習可能

 

あなたは、どんな方法でセンスに磨きをかけていますか?

 

諸行無常。

地球上のあらゆるものは流動し、変化しています。
一瞬たりとも同じものはありません。

つまり、必ず、
進化するか退化するかのどちらかというわけ。

私たち人間もまた例外ではなく、
必ず、進化するか退化をしているのです。

特に人間は「老化」という変化と無縁ではいられません。

放っておくと、汚れたり衰えたりしていきます。

とくに「怠慢」は、老化を顕著にあらわにします。

たった一日、顔を洗わず、歯も磨かなければ
とてもではないですが人前には出られません。

たった一日でもサボれば、
あっという間に人前にすら出られないほどに汚れるのが
人間というわけですね。

ですが、顔を洗ったり、歯を磨いたりという基本は、
もうすっかり身についていますから心配いりません。

では、

心を綺麗に保ったり、

心が汚れた時にスッキリ浄化させる方法は身についていますか?

 

最近、心を綺麗に洗ったのはいつですか?

センスを磨くのにどんな方法を使いましたか?

それはいつ行いましたか?

 

もしかして、

心の浄化方法を知らず怠慢していませんか?

センスの磨き方を知らないからといって怠慢になっていませんか?

 

心を綺麗に保つ方法や、
センスの磨き方なんて考えたこともなかった
という自分の怠慢さを知って「ぎょっ」としたら、
あなたはなかなかのセンスがある人です。

センスがない人は、
鈍感すぎて、うんともすんとも反応できませんからね。

ましてや感性が鈍すぎて、
「私は怠慢なんかじゃない」
なんて、平気で正当化する人もいるくらいですから。

その上、正当化していることにすら気づかないほどの
鈍感さ。

これは、自分を鈍感にすべく、
感性を鈍らせるよう自分に働きかけてきた
これまでの積み重ねの結果なのです。

ゴシュウショウサマ。

 

その反対に、感性が鈍り切っていないあなたは、
「ぎょっ」とした後の行動が大切です。

そのままスルーするのか、
早速、行動を起こすのか。

できればさっさと行動に移しましょう。

せっかく「ぎょっ」した感性を放置して
言い訳云々を連ね、鈍らせる必要はありません。

素直に行動すれば良いだけです。

あなたの感性に従って。

 

では、自分の行動をどこに移すか
まずは方向性を決めなければなりませんね。

 

できれば、

感性が喜ぶことを選ぶのが感性を磨く大事なポイント

 

では、そのチェックポイントを確認してみましょうか。

 

あなたは、美しいことが好きですか?

だったら美しさと関係あるところが良いですね。

あなたは、自分が美しくなることに興味がありますか?

だったら自分が美しくなれそうなところが良いでしょう。

あなたは、今より少しだけでも
筋肉の衰えを阻止したいと思いますか?

だったら筋肉を丁度よく鍛えられるところが良いでしょう。

あなたは、ピンと伸びた美しい姿勢に憧れますか?

だったら美しい姿勢に直結した練習方法がいいですね。

あなたは、身体をムキムキにするより、バレリーナのように
しなやかでスリムな身体を目指したいですか?

だったらインナーマッスルを程よく鍛える訓練がいいですね。

あなたはクラシック音楽のような歴史ある
本物の芸術に興味がありますか?

だったらクラシック音楽の中に身を置くのが最適でしょう。

あなたは感性の磨き方を教えてくれる先生に習いたいですか?

だったら感性について理論立てて
きちんと説明してくれる先生に習うのが最善ですね。

あなたは特別に用意された本格的な環境の中で訓練したいですか?

だったら専用の訓練の場で感性を磨くのが良いですね。

あなたは自分や我が子の可能性を引き出すことに興味がありますか?

だったら可能性を引き出す教育に詳しい場を選ぶべきですね。

 

世の中には、様々なトレーニング方法がありますが
上記の全てを充分に満たすのが、
HEAPが提供するバレエ・レッスンです。

バレエなら何でもいいのではありません。

感性を汚すバレエだってたくさんあるのですから
注意が必要です。

もし、大事な感性が傷つきでもしたら大変です。

なぜなら、

感性とは、人間にとっては目に見えない領域なのすから、
一度傷つけられてしまったら簡単に癒えるものではないからです。

繊細な感性を
不純な選択だったり、安易な選択によって
傷めてしまわないように、よ〜く検討してください。

可能な限り、上記の条件を全て満たすもので
自分を満たしてあげてください。

理想的な場こそ、
あなたの感性に良い影響を与えてくれるのですから。

その場にいるだけで気持ちいい

そんな場を見つけられたらラッキーです。

あなたの感性で、
あなたの感性にもっと磨きをかけてくれる
最良の場を発見してください。

センスを磨く練習を、たった1回でも
あなたのライフスタイルに取り入れることができれば

あなたの感性が活性化して、

毎日忙しいわりには怠慢な古い自分から脱皮して

新しい自分を発見するきっかけにもなるのですから。

あなたの人生を豊かにするのは、
あなたの素直な選択から始まるのですよ。

言い訳も、正当化も不要。

ただ自分の感性に素直になること。

そんな素直な美しい心が、感性を磨く人に必要な最初の一歩です。

 

センスを磨く時間を
日々の暮らしの中に取り入れられるなんて、
自分を大切にしている証しですから
安心して贅沢な時間を自分にプレゼントしてあげてください。

極上のライスタイルで自分を磨くことは
怠慢とは正反対の、
むしろ自分を高める一つの試みなのですから。