目指すべき美しい生き方とは?

img_heaping


 

 

 

 

 

 

 

 

 

「美しい生き方」に憧れているのに、
どうやって実現したらよいのかわからないとき。

 

いつも穏やかで

いつも優しくて

時にイラっとする時があっても、
すぐに平穏な気持ちに戻したい。

 

そう願うなら、それは実現可能。

 

 

だけど、

 

もし、その願い通りにならない現実に困っているとしたら、

あなたが使っているその「自己流」では、もはや上手くいかない

ということ。

 

上手くいかない方法を使い続けるということは、

上手くいかない現実が、これからも続くということ。

 

さっさと、その執着を手放して、

新しい方法に出会う方が、ずっと楽しくて、ずっと美しいのでは?

 

美しくない生き方とは、

いつまでも自分の自己流に固執して、前に進めていない現実を
見て見ぬふりをして、

「自分は成長していることにしてしまう

そんな正当化満載の生き方です。

 

ですから、「美しい生き方」を実現したいなら、その逆、

古い考えを手放して、

自分の堂々巡りに、「あらま」とか、「おや、まあ」と気がついて、

「そんな古い自分はもうおしまい」

と次の一歩を踏み出すこと。

 

それって実は、それほど難しいことではないのだけれど、

古い自分に執着しているから、怖くて大変なことのように「錯覚」してしまうのです。

 

 

とはいっても一人で頑張るのは、

どうしてよいかわからないし、

どうしてよいかわからないというのは怖いことだから、

なかなか進めないものです。

 

でも、

一人でがんばろうとするから進めないのです。

 

一人でがんばろうとすることが、無意識レベルで
自分自身への執着を生み出すから、自分を新しくできないのです。

 

初めて海に飛び込むのに、一人で海に向かう人はいないはず。

赤ちゃんだって、一人で立って歩き始める時には、
ママに手をつないでもらって、見守ってもらっているもの。

 

そうやって、愛とか勇気を肌で学び取りながら
一人で歩けるようになる、「上達の道」を進むのです。

 

だから、本当の意味で自立できる。

 

その変化を「成長」という。

 

 

変化という成長を望むなら、変化(成長)できる環境が必要です。

 

「成長しているつもり」の環境にいるなら、

何が本当の成長なのかわからないまま、その実、成長しない日々が続くでしょう。

だって「つもり」で満足なのだから。

 

その逆に、

「本当に成長できる環境」の中にいるからこそ、

間違った考え方にも、正しい生き方にも気づくことができるのです。

 

「ああ、だから上手くいかなかったのか」

と、自分自身が理解できるようになるから、改善も可能になるのです。

 

「成長しているつもり」で、「ちっとも成長していない」なんて、

全然美しくありません。

 

 

私たちが目指すべき「美しい生き方」とは、

成長ごっこの堂々巡りから脱出して、

 

古い執着を手放す勇気や、

固定観念から自由になって、もっと輝くことや、

もっと上手に愛を受け取ったり、

もっと素敵に愛を与えたりできる人になること。

 

そのための

「新しい学びという新しい出会い」を受け入れること。

 

 

あなたが何歳であれ、
時間を無駄にしてよいほど、悠長にできる余裕はないはずです。

 

新しい出会いを新しいチャンスにするかどうかは、あなた次第。

 

「美しい生き方」を実現する方法に出会っていないとしたら、

あなた自身が、その出会いを心の奥底で恐れて却下しているか、

自分の考えに固執して、新しい出会いに気づけていないかのどちらか。

 

その事実に気づいて、

新しいチャンスに出会いたいと望むなら、

私の解説を聴いてみるのも、一つの選択です。

 

 

 

あなたの「秘められた可能性」について語っています。

 

「美しい生き方」を実現するためのヒントを発見していただくために、
私、涼子が解説している音声をお届けします。

 

どうぞ、あなたの感性で確かめてみてください。

 

立野 涼子

 

音声解説を受け取って確かめてみる(もちろん、いつでも解除可能)
  *
  *
メールアドレス  *