自分を高める(知性)

img_seminar
自分を高めるとは、

自分の限界を自分で定めることなく、

謙虚に、真摯に学び続けること。

 

今日、目の前に起きている事柄に対して、

判断を下すことよりも、

その意味を理解することに努めること。

 

私たちは、つい自分のプライドを優先させ、
物事を、良い悪いの判断に任せてしまいます。

 

ところがその方法を繰り返すことは、
自分の可能性を閉ざし、人との交流を
閉ざしてしまうことになるのです。

 

なぜなら、良い悪いは、所詮、自分の狭い視野で結論づけた
今日の自分のレベルで下した判断でしかないからです。

 

そして多くの場合、知恵で判断したというよりは、
感情に振り回されてしまう場合が多いからです。

 

より成長した自分なら、もっと大らかに、もっと広い視野をもって、
理解を示し、受け入れることができたかもしれないのにも関わらず。

 

今日の感情に負けてしまったり、
その時の状況で、正しく素早い決断ができないならば、
昨日と変わらない自分を、今日も続けてしまうことになるのです。

 

人が成長するということは、
今の自分を乗り越えるということです。

 

乗り越えているつもり、

成長しているつもり、

という「錯覚」では、真の成長とはいえません。

 

錯覚で人生が好転したように感じるような

ニセモノがまかり通るような時代は、もう終わったのです。

 

私たちは、

新しい時代に適応できるだけの
新しい自分になる必要があるのです。

 

自分を真に成長させる真の学びの場と、仲間がどうしても必要です。

 

一人で成長するのには、限界があるからです。

 

人は人の中で始めて磨かれるのです。

 

内面の成長を促すための学びを始め、
新しい生き方を選ぶことが、真に謙虚な生き方なのです。

 

豊かで美しい自分のための学びの場
  *
  *
メールアドレス  *