美しい心とは?

heaping01
 

美しい心とは、

純粋で、
穏やかに、
優しい気持ちで過ごせるゆとりある心のこと。

芸術に触れたり、感性が喜ぶ瞬間を楽しめる豊かな状態のこと。

自分自身の内側にあるエゴイズムさえも
乗り越える知性により、鍛錬された心のこと。

つまり、

洗練された心

のことです。

私たちは、野放しになった”自由”な心ではなく、
強くて美しい規律によって訓練された結果であるところの
自由な心のことを

「美しい心」

と定義しています。

もともと人間とは怠け者な存在です。

”楽”、”簡単”、”すぐ”など、易きに流されやすいのは
そのためです。

ですから、精神を鍛えることなくただ流されて暮らすことは
「美しさ」とはかけ離れてしまうことに。


美しい人


とは、美しい心を持つ人のことです。

美しい心は、美しい知性によって鍛え育てられていくもの。

そして、
美しい知性とは、

正しい考えや、信念のある日々の積み重ねで
培っていくものなのです。

正しい考えや、
美しい信念が構築できるよう
質の良い学びを怠ることはできませんし、

何より、
自分自身という人間理解を深めなければなりません。

それらの全てが

自分を洗練させる

という行為なのですから、
怠惰な日々を送るほどの余裕はないはずなのです。

人間は、じっとしていては衰えていくばかり。

かといって、
自己流で頑張っても、それが「正しい努力」かどうかは疑問です。

正しい努力なら、人生は思い通りになるものだから。

もし、大満足でお気に入りの人生がまだ実現していない、
あるいは、
まだ自分の能力を発揮しきれているとは言えない
という向上心があるのなら、

新しい学びを取り入れる勇気を持つことです。

自分という「人間の可能性」を引き出すために。

それは、私たち人間に与えられた責任でもあるのですから。
「能力を引き出す」

という教育(educate)を、自分自身に与えてあげてください。

その生きる姿勢が、人を感動させることに繋がるのですから。

自分の美しい生き方が、それだけで人に良い影響をもたらす。
そんな美しい生き方のできる、訓練された美しい心を目指して。